結婚式の前撮りとは?気になる料金の目安や相場と撮影時期

結婚式の前撮りとは

最終更新日 2024年4月26日

結婚式の前撮りをとるカップルは年々増えており、株式会社リクルートが運営するブライダル情報サービス「ゼクシィ」の結婚トレンド調査では、73.3%のカップルが、結婚式の前、もしくは後に撮影をしているとのことです。

  • 「え?結婚式当日の写真だけではだめなの?」
  • 「気になっているからもっと詳しく知りたい」

現在、結婚に向けていろいろと準備をしている方や、そろそろ結婚を考えている方に向けて、結婚式の前撮りについて解説していきます。

結婚式の前撮りとは

結婚式の前撮りとは

結婚式の前撮りとは、結婚式よりも前の時期に日を設けて、衣装を着て写真を撮ることを指します。

また、結婚式よりも後に行う撮影を「後撮り」と呼びます。

結婚式の前撮りの多くは、ブライダル関連の会社に依頼し、プロのカメラマンによって撮影してもらうことが多いです。

結婚式の前撮りを行う5つメリット

結婚式の日とは別に日を設けて、撮影する前撮りや後撮りを行うメリットは以下があります。

  1. 綺麗、格好いい写真を残すことができる
  2. 結婚式当日とは異なる衣装や場所で写真を撮ることができる
  3. 二人の記念となる思い出ができる
  4. 当日の衣装を事前に慣れることができる
  5. 結婚式の演出素材として使える など

1.お二人の綺麗、格好いい写真を残すことができる

結婚式当日は、式や披露宴でバタついていることが多く、ゆっくり撮影できるほど時間を確保することが難しい状況です。

結婚式当日はお友達、ご家族がお二人を撮影してくれることもありますが、お二人が動いていることも多いため、「納得のいく写真が少なかった」という場合も多くあります。

カメラマンに依頼して撮影を行ってもらうこともありますが、前撮りでゆっくり時間をかけて撮影する方が花嫁の綺麗な姿、花婿の格好良い姿を確実に写真に残すことができます。

実際に弊社Miimsで「後撮り」を依頼される多くは、「撮ってもらったけど、泣いて顔がぐしゃぐしゃだった」「二人のベストショットが少なかった」ため、後撮りを希望される方が多くいらっしゃいます。

2.結婚式当日とは異なる衣装や場所で写真を撮ることができる

結婚式の前撮りは結婚式当日とは異なる衣装を着て撮影することができたり、異なる場所で撮ることができることが魅力です。

  • 「結婚式当日は洋装メインなので、二人の和装姿を写真に残したい」
  • 「当日は神前式なので、ウェディングドレスやタキシードを着た姿を写真に残したい」
  • 「二人の思い出の場所で撮影したい」
  • 「普段とは全く異なるロケーションで撮影したい」

などを叶えることができる、これも結婚式の前撮りのメリットです。

3.二人の記念となる思い出ができる

結婚に至るまで、お二人の記念日は数多くあると思いますが、結婚式の前撮りを行うことで更に1つ記念となる思い出が増えます。

  • 「この撮影、楽しかったね」
  • 「この後に行った〇〇も良かったね」

など、後に振り返ったり、ご家族やお子様、ご友人に見せて一緒に楽しむことができるのも結婚式の前撮りのメリットと言えます。

4.結婚式当日の衣装に慣れることができる

結婚式当日は、ウェディングドレスやウェディングシューズ(ブライダルシューズ)、タキシードといった洋装、白無垢や色打掛、紋付き袴などの和装と、普段着慣れない衣装を着ます。

試着以来初めて長時間着ることにストレスを感じたり、中には気分が悪くなることも少なくはありません。

結婚式の前撮り時に、当日の衣装やそれらに近い衣装を着ることで事前に慣れることもできます。

5.結婚式の演出素材として使うことができる

結婚式の前撮りを行うことで、撮影データを演出素材として活用することもできます。

  • ウェルカムボード
  • ペーパーアイテム
  • ウェディングムービー など

結婚式の前撮り(後撮り)の撮影場所

結婚式の前撮り(後撮り)の撮影場所は、お二人の希望により様々ですが大きく2つに分けることができます。

  • スタジオ撮影
  • ロケーション撮影

結婚式の前撮り(後撮り)のスタジオ撮影

結婚式の前撮り スタジオ撮影とロケーション撮影の違い

結婚式の前撮り(後撮り)のスタジオ撮影は、基本的に室内で撮影を行います。

天候に左右されず、照明を使って調整しながら撮影するため、お二人の顔や衣装をより美しい状態で写真に残すことができます。

また、衣装のディテールもわかりやすく、シルエットもきれいに出しやすいことが魅力と言えます。

スタジオ撮影といっても、シンプルな背景で撮影する場合もあれば、ハウススタジオのようなコンセプトのある背景で撮影するなど様々です。

結婚式の前撮りのロケーション撮影

結婚式の前撮り スタジオ撮影とロケーション撮影の違い

一方、結婚式の前撮り(後撮り)のロケーション撮影では、森や海、桜、紅葉といった自然を利用したロケーションや、公園、庭園など各施設の特徴を活かしたロケーションなどたくさんあります。

野外という開放的なシチュエーションで撮影しますので、より自然なお二人の表情を残すことができます。

また、お二人の思い出の場所や地元、ご実家などアイディア次第でロケーションは無数にあります。

糸島の綺麗な自然で撮る!海、山のロケーションを利用した前撮り撮影モニターキャンペーン

壱岐の綺麗な自然で撮る!夏シーズンはドレスのまま海に入ってもOK 壱岐マリンフォト

結婚式の前撮りはいつする?時期や予約タイミング

結婚式の前撮りを行う時期は、これと言って決まりはありませんが結婚式の3ヵ月前までを目安に行うと良いでしょう。

撮影データをウェルカムボードやペーパーアイテム、ウェディングムービーなどに使用する場合は、それらのスケジュールに応じて事前に済ませておかなければいけません。

依頼するブライダル会社にもよりますが、撮影までの打ち合わせ(イメージする前撮りのコンセプトや衣装、撮影場所、ご予算など)や準備を行うため、結婚式の前撮りの予約をは撮影希望日の3カ月前ぐらいに行う方が確実です。

弊社Miimsでも3ヵ月前を目安にご予約頂いておりますが、お二人のスケジュールの都合に合わせて最短でも撮影希望日の1ヶ月以上前に頂けるとご対応できる場合もあります。※夏季限定のマリンフォトプラン(マリンジェット利用)の場合は、撮影時期が限られますので、そのシーズンの春から予約を受け付けています。

気になるみんなの目安!結婚式の前撮り(後撮り)の平均的な料金はいくらくらい?

結婚式の前撮り(後撮り)の料金はいくらぐらいかかるものなのでしょうか。

結婚式の前撮り(後撮り)の基本的な料金構成は以下があります。

結婚式の前撮り(後撮り)にかかる基本的な料金構成

  • 衣装や小物(ブランドや着用点数)
  • ヘアメイクやヘアセット、着付け
  • 撮影(カメラマン)
  • データ(購入カット数)
  • アルバムなど
  • スタジオや施設使用料、交通費
  • アテンド、出張料
  • 週末追加料金 など

また、プランに含まれているもの、オプションとして増やすものなどブライダル会社によって様々です。

その他、衣装や小物のランク、着用する数によっても価格が変動します。

結婚式の前撮り(後撮り)の全国の平均費用(2023年)

結婚式の前撮り(後撮り)に使う全国の平均金額は以下です。

あくまでも全国の平均値ですので、都心と郊外エリアでも異なると思いますので、それらを踏まえてご参考ください。

 

撮影場所 スタジオ ロケ
費用 208,000- 21,3000-
衣装点数 新婦:1.9着

新郎:約1.5着

新婦:1.6着

新郎:1.4着

データ購入数 約160カット 約215カット

全国の平均では、スタジオとロケーション撮影で比較して、以下の特徴があります。

  • スタジオ撮影の方が前撮り(後撮り)にかける費用はロケーション撮影よりも若干安く、データの購入数も少ないが、着用する衣装数は多い
  • ロケーション撮影の前撮り(後撮り)はスタジオ撮影よりも撮影にかける費用は若干高いく、データの購入数も多いが衣装着用点数は少ない

この特徴からもわかるように、結婚式の前撮り(後撮り)をスタジオ撮影で希望する方は衣装の着脱や着付け、ヘアメイクの準備、撮影準備にかかる時間が少なくて済むため、着用する衣装の数が多いと考えられます。

また、データ購入数が少ないのは、スタジオ撮影ではセット内でポージングしての撮影がメインとなるため、ポージングパターンが少なければ、その分欲しいデータもやや少なくなります。結果的にその分ロケーション撮影より若干費用が下がる傾向にあります。

一方、結婚式の前撮り(後撮り)をロケーション撮影で希望する方は、選ぶロケーションが施設、野外と2パターンあり、野外の場合、衣装の着脱やヘアメイクの準備から撮影スポットまでの若干の時間、撮影準備時間がスタジオ撮影よりもかかるため、着用する衣装の数は少なめと考えられます。

ロケーション撮影の場合、撮影場所が施設、野外のため、お二人が撮影時に移動できる距離も増えて自然な動きがでるので、結果多くのポージングができることに繋がります。

その分「欲しい」データがたくさんあり、購入データ数が増える分、スタジオ撮影より若干費用が上がる傾向にあります。

結婚式の前撮り(後撮り)はスタジオ撮影とロケーション撮影のどっちがいい?

結婚式の前撮り(後撮り)はスタジオ撮影とロケーション撮影のどちらにすべきかは、お二人が描いている欲しいデータ(写真)で判断して良いでしょう。

スタジオ撮影とロケーション撮影それぞれに向いている人は以下に該当する方です。

結婚式の前撮り(後撮り)をスタジオで撮影する方が向いてる人

  • 多くの衣装を着て撮影したい
  • 季節や気候、天候を気にしたくない
  • ある程度のデータがあればそれで満足

結婚式の前撮り(後撮り)をロケーションで撮影する方が向いている人

  • せっかくなので多くの思い出を作りたい
  • 衣装は多くなくても良いが、二人のいろいろな表情、自然な動きのデータがあると嬉しい
  • ポージングは苦手、勝手に動くのでいい感じにカメラマンに託したい

より個性を出した前撮り(後撮り)撮影ならMiimsにご相談ください

結婚式の前撮り前撮りとはどういったものなのか、基本的な料金構成や、みんなの平均費用、スタジオ撮影とロケーション撮影の違いや魅力は理解できましたか?

弊社Miimsでは、福岡、長崎県壱岐市を中心に、九州各地のロケーションを利用した結婚式の前撮り(後撮り)撮影を通じて、他の方とは異なる、よりお二人の個性を活かした撮影を行っています。

結婚式の前撮り(後撮り)に関して不安に思うこと、疑問点などがございましたらご遠慮なくご相談下さい。

関連記事

  1. 壱岐 ロケ 前撮り 秋 海②

    夏じゃなくても魅力的!秋の自然を利用した壱岐の前撮り(ロケ撮…

  2. カハラビーチやカピオラニ公園(ハワイ)で結婚式の前撮り

  3. 福岡 前撮り オススメ

    福岡の日本庭園「松風園」での前撮り事例

  4. 成人式前撮り 福岡

    大濠日本庭園で成人式の前撮り撮影2019年11月

  5. フォトウェディングの流れ|予約は何ヶ月前?当日のスケジュール…

  6. かしいかえんシルバニアガーデン

    惜しくも閉園するかしいかえんシルバニアガーデンで前撮り撮影